法定相続分と遺留分

法定相続分

法定相続分

  • 法定相続人の組合せにより法定相続分が決まりませす。(上図参照)

  • 同じ順位に相続人が複数いる場合はその人数での等分となります。

遺留分

  • 民法が保障する最低限の相続分です。

  • 遺留分の割合は、法定相続人が直系尊属(父母や祖父)だけの場合は、「遺留分算定の基礎となる財産」(相続人の財産から、生前贈与分を加え、債務を差し引いた財産額)の1/3となります。

    それ以外の場合は、財産の1/2となります。

  • 相続人各人の遺留分は、全体の遺留分に各人の法定相続分を乗じた額となります。

  • 兄弟に遺留分の権利はありません。