家族信託

家族信託

家族信託はメディアでも注目されています!

2017年2月28日に放送されたNHK「クローズアップ現在+」では「さらば遺産”争続”トラブル~家族で解決!最新対策」というタイトルで家族信託が主に特集されました。
NHKでは、17年11月20日にも朝の情報番組「あさいち」で「どうする?実家の始末」という特集で家族信託が取り上げられました。
民放でも、フジテレビが17年2月6日の「ノンストップ!」、18年1月11日に「とくダネ!」で家族信託の特集コーナーが放映されました。
テレビの他にも、新聞(朝日新聞では「家族信託を知る」という5回連載)や経済誌、一般雑誌(AERAや女性セブン)にも特集が掲載されました。

家族信託メディア

書店の経済誌コーナーに並ぶ家族信託の専門誌

当社が提供する家族信託コーディネート

当社ではお客様のニーズを拾い上げ、家族信託組成の為のコーディネートを行います。

(コーディネート業務の詳細はこちらのページ「家族信託流れとコーディネート」で紹介しています。)

遺す側(親世代)と受け継ぐ世代(子世代)の希望や不安を拾い上げ、各ご家族に適したオーダーメード型のコンサルティングを提供いたします。

家族信託組成が最終目的ではありませんので話し合いを重ねた結果、家族信託ではなく他の手法(遺言書作成や任意後見制度)を提案する事もあります。

家族信託の検討が家族で話し合うきっかけになり、将来への不安を少しでも解消出来ればとの思います。

次のようなお悩みやご希望をお持ちの方は家族信託活用の検討をお薦めいたします。

■ 収益不動産等の所有者が高齢になり今後は認知症や日常の管理に不安がある。

 

■ 遺言書作成を検討しているが、どの資産を誰にどの様に相続させればよいか悩んでいる。

 

■ 推定相続人の家庭事情を考慮した資産承継を図りたい。

 (離婚や再婚により血筋の違う相続人がいたり、子どもがいないご家庭の相続計画に適しています。)

 

■ オーナー社長でそろそろ後継者に経営をバトンタッチしたい。

 (実質的な経営権を生前に承継したり、株主の認知症対策が可能です)

 

※他にも障がいそ持つ子の「親なき後問題」や家族同然のペットの行く末を心配している方、相続等により共有化された不動産の持分を所有されていてその管理運営に苦労している方など、家族信託信託を活用することで問題解決のきっかけとなるケースがあります。

区切り線
区切り線